初となる介護実習生の受け入れ!中国人女性2名が認定!




バングラデシュ介護

昨年11月に、新たな外国人技能実習制度の追加職種として「介護」の職種が追加されました。

介護関係以外の新しい職種も追加される中、介護職種だけは入国における審査が厳しく、受け入れの発表がありませんでした。

日本の介護職種に求める介護能力や、日本語レベルの高さから、受け入れが大きな課題となっていた中で中国人女性2名の受け入れが全国で初、認定されました。

日本に入国後は、受け入れ先である宮崎県延岡市の有料老人ホームで働くとの事です。

 

介護の実習生

技能実習制度関係者からは「ようやく」といった感じではないのでしょうか?

そもそも日本の外国人技能実習制度の【介護職種】に関しては、条件が厳しいとの声をかなり聞きます。

確かに対人での職業なので、通常の職業よりかは求める能力が高い事は理解できますが、入国要件の日本語レベルN4、そしてN3。

介護職種が追加されてから、何カ月も経過しているのに介護での入国が無かったというだけで、どれだけ日本で介護の仕事をするという事が大変なのかが分かります。

そして、もう一つが安い賃金が原因なのではないかなと思います。

外国から日本に実習生を送り出す側としては、日本の入国基準の高さの割合と賃金が比例していないのではないか、と感じる事もあります。

 

日本政府の発表では2025年に、38万人の介護職種での人材不足が発表されていますし、5日発表の骨太方針案で改善案もあったので外国人実習生介護職業にまた動きが出てくるのではないのかなと思います。

ジャバチからのバングラデシュ介護実習生は・・・
もう少し、どうにかならないもんですかね・・・。N3って採用








 

★よく読まれている記事★

外国人技能実習制度ジャバチ画像▼人手不足でお困りの企業様!技能実習制度を利用して外国人の雇用を検討してみませんか?

今出している求人広告費用で確実に人材確保が可能です。毎月広告に無駄な費用を払い続ける事は、もうやめましょう。

■その他オススメの記事■
●新たな外国人技能実習制度について
●実習生の受け入れが可能な職業一覧