インドからの実習生を受け入れる前にインドの事を知っておこう。国の事情を徹底公開!




インドに関して

インドは、南アジアに位置する人口が世界で2番目に多い国です。

世界人口ランキング

1位:中国

2位:インド

3位:アメリカ

2018年現在、世界で最も人口の多い国は『中国』で13億8千人とされていますが、2024年以降はインドが中国を上回るとも予想されている人口の多い国です。

人口の多い国・経済成長の国・カレーの国…様々な印象があるインドですが、ここからはカテゴリー別に分けてご紹介!

 

インドの面積

インドは南アジアに位置しており、所有面積は約328万平方メートル

世界で7番目に大きな面積を所有している国とされています。

日本の面積と比べると、日本の約9倍

日本から直行便で行く場合は、デリー&ムンバイまででおおよそ9~10時間

世界の国別面積ランキング

1位:ロシア

2位:カナダ

3位:アメリカ

4位:中国

5位:ブラジル

6位:オーストラリア

7位:インド

8位:アルゼンチン

インドに関して2

インドの首都

 

インドの首都は、ニューデリー(New Delhi)

 

言葉

インドの公用語は、ヒンドゥー語。

インドは、イギリスの植民地であったこともあり、英語も定着しています。

ヒンドゥー語と英語の両方を話せる人が多いです。

 

宗教

ヒンドゥー教画像

ヒンドゥー教が、およそ80%

その他に、イスラム教・キリスト教・シク教・仏教…など

 

通貨

 

ルピー(インド・ルピー)(India Rupee)(Rs)

1インド・ルピー=約1.5円

 

治安

・インドの治安は悪い

・インドは危険

・インドは、スリや詐欺に気をつけて

様々ですが、実際はそこまで悪くないと思います。

夜道の一人歩きは勿論危険ですが、人命に関係してくるような犯罪は少ないです。

日本人観光客が被害を受けている事件の多数は、スリや詐欺など。

 

交通

ある意味、凄いです!

日本人には考えられない位の交通事情であり、初めてインドに旅行など行った人が1番驚くことが交通事情というほどに。

交通ルールは、無いに等しいです。

一応日本と同じ左側通行ですが、交通マナーが非常に悪いです。

道路には、自動車・バイク・3輪・牛・犬…なんでも有りな交通事情となっています。

 

食文化

インドの食

カレーが有名なインド

主教上の関係でヒンドゥー教は、牛を口にしません。

イスラム教は、豚を食べないです。

菜食主義者(ベジタリアン)が多いのもインドの特長です。

インドでは食事の際、左手は使用せず食事をします。

 

スポーツ

インドクリケット

インドのスポーツと言えば、クリケット

イギリス発祥、紳士のスポーツとされているのがクリケット

日本ではあまりメジャーなスポーツではありませんが、クリケットは競技人口の多いスポーツのトップ3に入る程の人気スポーツです。

インドではクリケットが特に人気スポーツとされており、視聴率が驚異の80%以上。

 

 

インド人の特長

インド人の特徴画像

・時間を守らない

日本人が時間に厳しいという事を考えたうえでも、インド人は時間に関して考えが甘い人が多数。

待ち合わせ時間や時間を決めても、その時間を守らなければ。という意識が薄い人が多く、時間を守るという習慣はあまり無いみたいです。

 

・おしゃべり好き

インドの人は、フレンドリーで話好きと言われています。

確かに、インド料理店など言った時など気さくに話しかけてくる人が多い気がします。

内気でシャイな印象の日本人は、お手本にしたい所です。

あまり自分から喋ることが少ない人は、ずっと喋ってるのでインドの人と気が合うかもしれません。ただ、自分の話が非常に多く、人の話を聞かないことが多いとも言われています。

 

・楽天的

細かいことをあまり気にしない前向きな楽天主義

非常に明るく楽天的な部分が多く、逆に少し無計画で無責任に感じることも多くあります。

 

・数字に強い

インド=IT

最近では、インドという国に関してこのような印象が強くあると思います。

確かにインド国内ではIT関連などに力を入れている為、数字に強い人が多いです。

 

・人による

一丸に『インド人の特徴』と言っても、インドには13億人もの人が居ますので、個人差があります。日本人はシャイ。なんて言われてますが、日本人にもガンガン行く性格の人はいますし、人によって大きく異なります。

 

 








 

★よく読まれている記事★

外国人技能実習制度ジャバチ画像▼人手不足でお困りの企業様!技能実習制度を利用して外国人の雇用を検討してみませんか?

今出している求人広告費用で確実に人材確保が可能です。毎月広告に無駄な費用を払い続ける事は、もうやめましょう。

■その他オススメの記事■
●新たな外国人技能実習制度について
●実習生の受け入れが可能な職業一覧