中国人技能実習生の受け入れ現状と評判をレポート!




中国人実習生

人手不足による影響で、毎年多くの技能実習生が日本へ入国しています。

その中でも、最も多く実習生がやって来ている国が「中国」

この中国からの技能実習生の現状と評判をシェアしていきたいと思います。

 

外国人技能実習生の現状

日本が外国人技能実習制度を始めてから、最も多くの受け入れをしている国が中国です。

2015年までは、他の国と比べても1番多くの実習生を受けいれています。

日本で実習生を受け入れている割合を見てみると、1番がベトナム(38.6%)

2番目に多いのが中国(35.4%)。次いで3番目がフィリピン(9.9%)となっています。

中国からの実習生とベトナムからの実習生で全体の半数以上を占めている結果とされています。

(法務省データ)

技能実習受け入れ国

この受け入れ人数に比例した形となっているのが、外国人技能実習生の失踪及び行方不明者。

こちらが失踪者推移

平成26年
中国:3,065人
ベトナム:1,022

平成27年
中国:3,116人
ベトナム:1,705人

平成28年
中国:1,987人
ベトナム:2,025人

平成29年
中国:1,594人
ベトナム:3,751人

 

このような数字になっています。

受け入れ人数が多い国ほど、失踪者数も上がっているといった結果が表示されています。


全体での失踪者数及び行方不明者の人数がコチラです。

実習生の失踪表

2015年度が最も多い数字で、2016年度には一時的に下がっていますが、再度2017年から右肩上がりのグラフとなっています。

2018年度は過去最高の失踪者が出るとの予想もされています。

▲失踪者を出さない為には

▲失踪した技能実習生のその後

 

 

中国人技能実習生の現状

中国人実習生2

13億人の人口がいる中華人民共和国

日本人と見た目の似ている事や、人口が多いこと。

また、日本から距離が近いとの理由などで日本へ入国する技能実習生は、他の国と比べて圧倒的な数字となっていました。

 

ここ最近では、1番多くの実習生が入国している国は「ベトナム」

急激に中国からの技能実習生が減った印象があります。

これには、日本のブラック企業による実習生への対応や扱いの悪さ、技能実習制度の不満など・・・

様々な理由がありますが、今現在でも日本へ技能実習生として入国したいと考えている中国人は非常に多いです。

 

2018年から始まった「介護実習」も、初となった国が「中国」からの実習生でした。

▲初となる介護職種の技能実習生

介護職種を始めとする新しい職種の追加も検討されている技能実習制度ですので、一時期は減った中国からの実習生も今後は増え続けていくと予想されています。

 

中国からの実習生:評判

中国人実習生3

失踪者が多いことから、あまり評判の良くない印象があります。

しかし、失踪者及び行方不明者が多い1番の理由は、日本企業に原因にあります。

新たな実習制度が導入されましたが、その前までの失踪者の大半は、日本企業のルール違反によるものが最も多い理由です。中国人を受け入れしている企業の方は、「真面目」「一生懸命」「教えた事はしっかり守る」などと評判が良いと思います。

 

日本に入国して、日本の生活に慣れるまでは教える立場の人がしっかりと指導すれば真面目に一生懸命働くのが中国人実習生です。

仕事に対する感覚などは、日本人と違う部分が多いですが、他の国に比べて最も中国人が日本のことを理解している気がします。

 

最近では、中国人観光客も増えていますので、日本文化についての情報も中国国内に入っていますので、コミュニケーションの取りやすさ、一緒に働きやすさは中国人が1番なのではないかなと感じます。悪い点を挙げるとすれば、適当。日本人がキッチリしすぎな事もあると思いますが、適当に感じることが少々あります。

他の実習生に多く見受けられる「とりあえず返事をする」と言った、空返事は、中国人はあまりしない印象もあります。物事をハッキリと言うので、理解できてない事はしっかりと聞き直してきます。

 

言葉に関しては、日本語の単語の多さに中国人は苦戦している印象があります。

日本での中国人コミュニティがとても多く、全く日本語が話せない中国人でも、日本の生活で困る事がない」とまで最近では言われていますが、仕事上では絶対的に日本語の修得が必要ですので、少しずつ教えていくほうが良いのかなとも思います。

勿論、事前に日本語の勉強をしてから日本へ実習生として来ていますが、完ぺきではありません。職場で使用する専門用語などは勿論最初から理解できている訳ではないことが多いです。

 

 

外国人技能実習制度の入国者・国別・失踪者・行方不明者…すべて数字だけ見てもわかりずらい事が多いと思います。これから受け入れする企業の参考にしていただければ幸いです。

▲インドの技能実習生に関して

▲バングラデシュ実習生について

 








 

★よく読まれている記事★

外国人技能実習制度ジャバチ画像▼人手不足でお困りの企業様!技能実習制度を利用して外国人の雇用を検討してみませんか?

今出している求人広告費用で確実に人材確保が可能です。毎月広告に無駄な費用を払い続ける事は、もうやめましょう。

■その他オススメの記事■
●新たな外国人技能実習制度について
●実習生の受け入れが可能な職業一覧