バングラデシュ経済・人材育成セミナー in 群馬




本日4月12日(木曜日)駐日バングラデシュ人民共和国大使館主催の『バングラデシュ経済及び人材育成セミナー』に参加させて頂きました。

群馬県の前橋市にある群馬県昭和庁舎にて14:30から始まり16:30で終了となりました。

【詳細】

平成30年4月12日(木)14:30-~16:30

群馬県昭和庁舎

駐日バングラデシュ人民共和国大使館主催

群馬県・前橋商工会議所・日本貿易復興機構(JETRO)後援

「バングラデシュ経済・人材育成セミナー」

「新たな技能実習制度とバングラデシュ人材について」

群馬県庁

駐日バングラデシュ大使館主催にてバングラデシュの現在の経済情報や人材育成、技能実習生のお話しをはじめ、他JITCO・IM JAPAN様のご担当者様からのお話しもお聞きできました。

人口1.6億の人口を有するGDP成長率6%を超える高い成長率を維持し続ける経済成長国であるバングラデシュ!

日本の国旗とすごく似ているデザインのバングラデシュですが、日本の経済成長を見習ってバングラデシュも日本と同じように成長できるようにと、近いデザインにしてあるとも言われているみたいです。バングラ国旗

駐日バングラデシュ人民共和国 特命全権大使ラハブ・ファティマ閣下によるご挨拶から始まり経済情報や特に人材(技能実習制度)の情報をリアルに聞けた事が1番の収穫でした。

バングラデシュセミナー画像

やはり、セミナーに来ていた方やバングラデシュに関係のある方々は、バングラデシュ人は『親日派・親日国家』と皆言ってましたね。

日本ではバングラデシュという国自体があまり有名ではないのですが、バングラデシュからみたら日本や日本人の事をとても理解している人々が多く、日本がバングラデシュにインフラ整備等に多額の援助を行っている事やMADE IN JAPAN(日本製品)に関する信頼が高いとも説明されていました。

バングラデシュ現地には若い優秀な人材が多く居ますので国自体も若いパワーで成長し続け居ていますし、日本とバングラデシュ間での技能実習制度の新たな取り組みも締結しましたので、今はまだ少ないですがこれからバングラデシュ技能実習生の人数が増えていくと感じました。

そして質疑応答では、やはり話題の技能実習制度の『介護職種』についてが多く質問されていました。バングラデシュだけではなく、どこの国からの技能実習生も新たに外国人技能実習制度に追加された介護職種が注目度高めです。

日本が必要としている人材の能力や技術をバングラデシュの実習生は、兼ね合わせているのか?1番の問題とされている言葉の壁など。

 

バングラデシュでは日本の求める人材能力に近くなるように人材教育をしていくとの見解でした!

セミナーを聞いて技能実習生だけではなく、バングラデシュ人の留学生なども含め、今よりももっとバングラデシュと日本の関係が深く、近くなるものだと思いました。

 

ってか・・・セミナープレゼンターの方々からの説明が、ほぼ英語だったのですが皆さんは理解できていたのかな?翻訳もあったので大丈夫かと思われますが、絶対に心の中で『英語かぁーい』と思った人1人は居た気がする説・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン








 

★よく読まれている記事★

外国人技能実習制度ジャバチ画像▼人手不足でお困りの企業様!技能実習制度を利用して外国人の雇用を検討してみませんか?

今出している求人広告費用で確実に人材確保が可能です。毎月広告に無駄な費用を払い続ける事は、もうやめましょう。

■その他オススメの記事■
●新たな外国人技能実習制度について
●実習生の受け入れが可能な職業一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です