介護職種が技能実習制度に追加されました。




介護実習制度

介護職種が平成29年11月から新たに技能実習制度に追加されました。

平成29年11月1日の「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」の施行にあわせ、外国人技能実習制度の対象職種に介護職種が追加されました。その事に伴って介護職種追加の記事を記載させて頂きます。

 

∇介護職種の基本的な考え方(厚生労働省HPより)

・外国人介護人材の受入れは、介護人材の確保を目的とするのではなく、技能移転という制度趣旨に沿って対応。

・職種追加に当たっては、介護サービスの特性に基づく様々な懸念に対応する為

以下の3つの要件に対応できることを担保した上で職種追加。

①介護が「外国人が担う単純な仕事」というイメージとならないようにすること。

②外国人について、日本人と同様に適切な処遇を確保し、日本人労働者の処遇・労働環境の改善の努力が損なわれないようにすること。

③介護のサービスの質を担保するとともに、利用者の不安を招かないようにすること。

これらが介護職種追加に関しての基本的な考え方・捉え方となります!


介護職種に関しましては、技能実習生のコミュニケーション能力

・(1年目(入国時)は「N3」程度が望ましい水準、「N4」程度が要件。2年目は「N3」程度が要件)

・入国後、OJTや研修等により、専門用語や方言等に対応など・・・

必要能力や資格、経験等が必要不可欠となっております。

受け入れ検討中の企業様は厚生労働省のHPをご覧下さい。詳しく詳細が記載されております。と言いたい所ですが・・・・・

専門用語が多くて技能実習制度を専門にしている方でないとわかりづらい感じになってますね。

 

介護職種に関しましては、実習生の母国での介護経験や日本語能力(コミュニケーション能力)など、他の技能実習制度と違う点が多々あります。

実習生の能力が今までの職種よりも高い能力を必需としています。

 

すでに介護職種での実習生受け入れ手続きをされている企業などもあるかと思いますが、私の周りでは少し様子見といった感じの企業様が多いかなと感じます。

人手を必要としている日本の企業と、日本での雇用を希望している実習生。互いに良い方向に向かっていければと思います。








 

★よく読まれている記事★

外国人技能実習制度ジャバチ画像▼人手不足でお困りの企業様!技能実習制度を利用して外国人の雇用を検討してみませんか?

今出している求人広告費用で確実に人材確保が可能です。毎月広告に無駄な費用を払い続ける事は、もうやめましょう。

■その他オススメの記事■
●新たな外国人技能実習制度について
●実習生の受け入れが可能な職業一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です